津市議会議員 龍神啓介のブログ

日々の政策調査・活動・雑感の備忘録です

新型コロナウイルス感染症対策、津市の独自施策の詳細について

本日5月13日、5月20日に開催予定の第2回臨時会に提出される議案の説明会が行われました。津市の独自施策が明らかになりましたので、取り急ぎ内容を簡潔に報告します。臨時会で議決された後、手続きなど詳細部分について加筆したいと思います。

独自の給付金施策

  • 売上の減少が前年同月比で30%以上50%未満の事業者に対し、10万円を上限とする支援金。2億5000万円を計上。国の持続化給付金(売上50%減少が対象)の対象とならないレンジを支援。

給食費の無償化など

  • 学校が再開されたあとの給食費3か月分の無償化。給食を実施していない学校に通う子どものいる世帯へは給食費3か月分に相当する額の支援金。3億1428万円の計上。
  • 保育所認定こども園等に在園する子ども、未就園の子どものいる子育て世代へ、同じく給食費3か月分に相当する額の支援金。1億3451万円の計上。

水道料金の基本料金無料化

  • 水道料金の基本料金を2か月間無料化(令和2年6月1日以降の検針日から)。2億3089万2千円を水道事業会計へ繰り出します。市内では毎月検針、2か月ごとに検針する地域とわかれていますが、内容は変わりません。

財源はどうなっているか

津市モーターボート競争事業会計から繰り入れる10億円と、国からの臨時交付金の残額3億455万8千円を使用。また、モーターボート競争事業会計から繰り入れる10億円のうち、上記、津市独自の施策に充当しない3億7487万6千円を新たに設置する新型コロナウイルス感染症対策事業基金へ積立て。

令和2年度津まつりの中止に際して思うこと

5月8日、津まつり実行委員会より令和2年度の津まつりの中止が発表されました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための措置として、また、先が見通せないなかで各団体の準備がままならない現状、協賛金をいただいて運営していくという実情があり、中止の判断はやむを得なかったと認識しております。

実は今年、津青年会議所(津JC)で津まつり担当委員長を拝命しており、半年前からいろいろと企画を練っていたので、個人的に悔しい思いもあります。

メインイベントの企画案として、スポーツに関するものを考えていました。フェニックス通りの会場を目いっぱいに使って大々的にやるのもおもしろかったと思いますが、逆にどこかコンパクトにできる場所で実行するのもいいかもしれません。

地域を盛り上げる企画は当然まつりだけではありません。新型コロナウイルス感染症の拡大が終息したあと、いずれ機会をみて、あたためている案を実行しスポーツで地域に笑顔を増やしたいと考えていますので、いろいろと準備をしたいと思います。

新型コロナウイルス対応、津市の独自施策の方針

本日5月5日に開催された、津市の新型コロナウイルス対策会議で、臨時交付金の活用方針や国の緊急事態宣言延長を受けた市の方針などが協議されました。

臨時交付金の額が決定

新型コロナウイルスの感染拡大およびその影響による社会状況に対して、津市はいつ・何をするのか。先日の議会では臨時交付金の使いみちから質問をしました。「交付額がまだ決まっていない」という答弁があり、もしかしたら県の休業協力金への負担金だけで使い切ってしまうのではないかという不安が見え隠れしていました。増額があれば当然、対策を打つことに躊躇しないとのことでしたが、その臨時交付金の額が決定。

交付限度額は7億3455万8千円(地方単独事業分とされる第1次配分)。県の休業協力金に3億7500万充当されますので、残りは3億6000万ほど。ここから予備費で対応した事業費の充当を差し引くと、残りは3億5000万ほどになります。本日の会議ではこれを市単独の施策に使うことが協議されました。

ただ、具体的な施策は発表されませんでした。一方で、会議では以下の方針が市長から示され、来週の早いうちには形が見えてきそうです。

【方針】

・来週の前半には決める ・残り3億5千では足らないと考えるので市財源を使う可能性 ・国や県の施策を見ながら時宜を得て対策を実行 ・家計や事業者への支援を念頭に置いている

津市の教育におけるICT利用:トライアル&エラーで今できることをやるべき

新型コロナウイルス対策のため、市内の幼稚園、小学校、中学校および義務教育学校は、5月6日(水)まで休校です。登校日についても緊急事態宣言を受けて取りやめとなりました。休校措置や登校日の取りやめについてはよかったと考えています。

今回の休校措置は、年度末や年度当初のさまざまな対応があることが先月の臨時休業との違いです。特に新1年生への対応に難しいところがあることは容易に想像できます。しかし、なんとか工夫してカリキュラムの実行、学習支援、生徒それぞれへのフォローアップを欠かさずにやっていく必要があります。休校が5月で終わる保証はどこにもありません。

オンライン授業を始める自治

そのような状況で、声高に主張されているICTを利用しての授業を行ったり、学習を支援する体制を構築した自治体もあります。

[st-card-ex url="https://www.nishinippon.co.jp/item/n/597798/" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

[st-card-ex url="https://kyoiku.sho.jp/46630/" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

以下は、記事で紹介されている熊本市の取り組みです。

① Zoomで出欠チェック・健康観察
② Zoomで健康管理の指導
Google formsを使ったアンケート
④ Zoomを使った英語の授業
⑤ オンラインで小学3年生が「自由研究」
「ロイロノート」で1日の学びを報告

ユーザーインターフェースがよく出来ていて扱いやすいZoom。ですが、セキュリティの面でいろいろと指摘があり大々的に導入するのは勇気が必要だったと思います。また、ロイロノートという民間サービスも利用。

岐阜県の県立高校でもオンライン授業を取り入れますし、県内でいえば四日市市がICT利用の学習支援を行います。常時情報を集めているところですが、その他の自治体でもさまざまな取り組みがあると聞きます。

"まずやってみる"が問われている

市内でいえば、私立のセントヨゼフ女子学園でもオンライン授業が始まっています。積極的な姿勢が頼もしい。ただ、一方公立の学校との環境の差はどう考えるのか。一部学校で独自の取り組みがあるものの、不安を覚えます。

このような記事もあります。
「遠隔教育、コロナで導入加速へ 学校側に課題 7割意向なし

[st-card-ex url="https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040500159&g=eco" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

今年度から始まる学習指導要領は「生きる力」を重視しています。そのために「未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力」を身につける学びを推進していくとあります。まさにいま、その未知の状況に対応する思考力と判断力が教育行政に問われていると感じますが、完全な正解を探すのは難しいもの。「やってみる」の気持ちで子どもたちの学びを積極的に支援していただきたい。

ハードの整備ではなくまずはソフト面の整備から。どのようなサービスを使うにせよ必要となる個人アカウントの配布、個人の所有するタブレットスマホの積極的な利用、利用環境が整わない家庭への支援方法、家庭学習とオンライン授業の組み合わせ…などを、教育委員会に逐一状況を聞きながら、個人的にも考えていきたいと思います。

緊急事態宣言を受けて、津市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の協議は

緊急事態宣言を受けた対応について

第10回の対策本部会議が開催され、4/17付けの知事指示事項を受けての県の取りまとめを見越し、充分な準備をしてほしいと市長から指示がありました。

具体的に言及があったのは、各部や支所所管の施設などの休止および続行を、週明けにできる限り早く対応できるように、市民目線で考えて整理すること。また、社会福祉施設や放課後児童クラブ等の施設は運営継続をする必要があるので、感染防止対策の徹底を改めて図ること。

そして、知事の「県庁職員の感染拡大防止の徹底するため、テレワークや時差出勤、休暇取得が可能な職員の休暇取得を妨げないように配慮する」という指示を受けて、市としても同じ流れで対応する考えであるとのこと。在宅勤務をどう進めていくのか注視していきます。

その他の対応協議および報告事項は

対応の協議

温浴施設の休館について
休止期間
・4月21日(火)〜5月8日(金)
対象施設
・「湯の瀬」「あのう温泉」「下之川住民交流センター」全館
・とことめの里一志(一志温泉)についてはデイサービスのみ実施
▼ 市民講座などの中止
▼ 幼児健康診査の延期

諸々の報告

感染症罹患者の続報
▼ 頑張る事業者応援プロジェクト開設の延期
・市内事業者向けの販売所の開設の延期
▼ 総合支所管内の運動施設の利用休止
休止期間
・4月17日(金)〜5月10日(日)
対象施設
・津市久居体育館卓球室
・津市芸濃総合文化センター内アリーナ トレーニング室
・津市安濃中央総合公園内体育館 トレーニングルーム
・津市一志体育館 トレーニングルーム
▼ キャンプ場施設の閉鎖に伴う予約者への対応
津エアポートラインの高速線運休について
・3月14日から8往復16便に減便していたところ、緊急事態宣言をうけて4月20日(月)〜5月6日(水)まで運休
▼ 幼小中および義務教育学校の臨時休業にかかる子ども受け入れ実施状況

地域で“運動を楽しむ”ことの大切さ

3月議会で質問する「介護の総合事業」

国は介護予防に力を入れる自治体にインセンティブを付与する方針のよう。

そんななか地域で集まって元気に身体を動かす集まりがあると、ある方に教えていただき見学させてもらうことに。急遽参加することになったのですが…最初の10分で息が上がりリタイア!結構負荷のある動きをします。


(2月中旬でイベント等の自粛通達が出ていない時期の風景。現在の開催は厳しいでしょうか。)

休憩を挟みながら、1時間以上もエアロビやヨガをやっているとのこと。
失礼ながら何人かに年齢をお伺いしましたが、みなさんお年を感じさせない動き!

毎週同じ場所にメンバーで集まり身体を動かし、笑顔が生まれる。
社協や行政に頼らず、自然にこういった集まりが出来ることが一番いいですね。

座談会を開催して

本日、ある地区で座談会を開催しました。いわゆる「ミニ集会」と呼ばれる規模のもの。ともすると大きな政策論に偏りがちな自分ですが、地域の方々がおもっていることはなにか、意見交換の機会を作りたかったという気持ちから、準備不足ではありましたがまずはやってみました。

双方向の話をすること

大きな市政報告会などは、どうしても一方的にプレゼンをする場合が多いです。プレゼンの内容が多彩で示唆に富むものであったとしても、小一時間の話を聞くというのはなかなか集中力が続かないですし、質問時間を設けても、それなりに大きな会場でそれなりの人数がいるとなかなか質問が出ないもの。それよりは、少人数で双方向の意見交換をするほうが自分の性分には合っている気がするのです。

実際にやってみると、みなさんのご意見に対応できないことが多かったです。それは県、国の管轄の話で…と、自分自身セクショナリズムに毒されているのかもしれません。また、単純に知識があやふやであるか、まったく認識していない問題もありました。経験が少ないこともあって、地域の方々のほうが経緯をよく知っていることも。

そのいずれも言い訳にはなりません。もっと実力をつけなければと痛感した次第です。そういった気付きが常にあるのも双方向ならではだと感じます。一方で、認識をともにし、且つ道筋が見えている問題点について、非力ながらも全力で解決に当たりたいと決意を新たにしました。

今後も開催していきます

それが地域のくくりになるか、個人のくくりになるのかはさておき、今後も定期的に開催していきます。このブログで告知することもあるかもしれません。また、「意見が聞きたい!」「◯◯はどうなっているの?」という疑問があれば、できる限り伺ってお話しをしたいと考えてますので、ぜひお問い合わせください!